2008年05月05日

心臓がとまるかと思った。



今日はというかこのまましばらくブログをかくのをやめようかと思っていたのですが

そわそわしちゃってじっとしてられないのでかきます。

今日ぷいぷいが低血糖になりました。

というか低血糖にしてしまいました。

ぷいぷいは今日でおうちにきてちょうど一週間です。

最初の2,3日はちゃんとしたうんちでした。

三日目の夜から下痢になりました。

最初は環境の変化もあるしと思って様子をみることにしました。

下痢になって四日。

元気もあったしフードももりもりたべるしでもさすがに四日続くのは気になると思ってブリーダーさんに電話して
すぐ病院にいきました。

検便検査で、お腹に虫がいるとのこと。

下痢どめと駆虫薬をもらいました。

昨日夜ご飯をあまりたべてくれませんでした。

今日の朝もまったくたべなかった。

数日前からネットで下痢とか虫についてしらべてました。

下痢のときは一食抜いて胃腸を休めた方がいいなんてみたもんだから

食べたくないものを無理やりあげるのも気が引けて

気が向いたらたべるでしょ〜って思って

フードは目の前のお皿にいれてました。

そしてびびたんとお散歩にいきました。

いつものごとく呑気にお買い物しながら。

気になるものがあって一度やぁちゃんにきいてみようと思ったんだけど
ケータイ家においてたから
急いで家に帰りました。

もちろん毎回おうちにかえってまっさきにぷいぷいの様子はみます。

コテンと寝てるぷいぷい。

お昼だし眠いんだろうな〜なんて思ってみてました。

少ししてもういっかいぷいぷいの方に。

一日一回はぷいぷいの写真をとるようにしてるので。

寝てるぷいぷいを撮ろうと思ったら

右足が変な方向にまがってる。

ぷいぷい足が変になってるよ〜笑 なんていいながら写真とりつつ
なでてたら

ころ〜んとお腹を見せるというより仰向けにころがった感じ。
毛布からずるっとおちてフードがはいってるお皿のほうに頭。

そんなとこでそんな体勢で寝てだいじょうぶ〜?なんてのんきに声をかけて見たら
右目だけ白目むいてる。

よくみたら口から液体が出てる。

なんかおかしい。

そう思って ぷいぷい!!!起きて!!!って声をかけたら
まったく動かない。

すぐブリーダーさんに電話して低血糖だから砂糖水を!!ってゆわれて

砂糖水を用意する

両目白目をむいたまま体はあおむけ
首は変な方向にまがって
足がばたばたしてる。

砂糖水をのんでもらいたいのにまったく口があかない

無理矢理口をこじあけて砂糖水を口にいれる。

反応はない。

ずっと白めむいて足がばたばたしてる

手の震えがとまらない。

ブリーダーさんがずっと電話で聞いてくれて

飲まないなら直接砂糖を手につけ歯ぐきにこすりつけてってゆって

それをする。

少しして目がもどる。

自分の力で立つ。

病院に電話して今からいくことを告げて

タクシーにのって病院に。

病院についたときにはもう普通になってて

念のためブドウ糖と注射をしてもらった。

これからも油断はできないとのこと。

おうちに帰って
ご飯をたべてもらいたいんだけど食べてくれない。

いろいろやってみて
やっと
フードにお湯をかけてささみふりかけをかけて小さくしたら
たべてくれた。

少し安心。

ブリーダーさんが食べれるだけあげてってゆったので

二時間後再度おなじものをあげたら

またたべてくれた。

また少し安心した。

さっきやっと寝てくれました。

今やぁちゃんが帰ってきたんだけどしっぽふりふりで元気そう(^^)

まだ油断できないので
こまめにチェックしようとおもいます。

寝てるときに少しでも物音がすると起きる体質なのですが
この体質でよかった。

おかげでさいきんずっと熟睡はできてないけど

ぷいぷいの異変に気づけるのなら全然いいです。

びびを飼いはじめた頃は低血糖にならないか心配で心配で仕方なかったのに

なほちゃんのありすもちっさいから気をつけてねとか偉そうにゆってたのに

びびが意外と丈夫で変に大丈夫って勝手に思ってたんだと思う。

ぷいぷいはちっさいとはいえ極小じゃないんだし大丈夫でしょって。

それでもビビの同じ頃の半分ちょいです。
普通にちっさいです。

今日のことは生き物を飼うのは大変なことだということを再確認させてくれました。

本当に心臓がとまるかと思いました。

自分の浅はかさを心底後悔しました。

でもこうして死なずにいてくれたのにはちゃんと意味があるんだと。

もしあの時こうなってなかったら明日は死んでたかもしれないです。

あと少し気づくのが遅かったら死んでたよっていわれました。

たった一週間しか家にいないけど
どれだけこの子が大事で大切な存在かというのを思い知らされました。

絶対長生きしてもらいたいです。

長生きさせます。

私に出来ることはなんでもします。

まだ一週間しか家にいないのに
くるみのこともビビのこともやーのことも大好きです。

病院から帰ってきてケージにいれてなでなでしても少し元気がなくて

でもビビをケージ越しにつれてきたらしっぽをフリフリしてました。
ビビのことが大好きなんです。

さっき寝てて少し起きたのでなでにいったら
くるみの手の上で寝ようとするんです。

ほんとに性格のいいこです。

おうちにきてくれてほんとうにありがとう。

ビビと共に絶対幸せにします!!!!!!!!!!!!!!!!!!



ニックネーム Kurumi at 01:20| Comment(1) | びびとぷいぷいとのひび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええええ!!
ちょー心配。。
もしひまそうなったらちょーテンパルよ・・
低血糖って??
ちわわによくなるの??

ってかぷいぷいって名前可愛い!!
2匹目飼ったんだね。。。

2匹は大変かもしれないけど
幸せにしてあげてね。。

また散歩いきましょー
Posted by ぐっちょん at 2008年05月05日 09:18